1. TOP
  2. 主治医が見つかる診療所「若々しい脳を保つための脳育法SP」

主治医が見つかる診療所「若々しい脳を保つための脳育法SP」

2017/05/09 主治医が見つかる診療所
この記事は約 5 分で読めます。

5月8日放送された「主治医が見つかる診療所」では歳をとっても脳の働きが衰えない方法を紹介!物忘れがただの物忘れか!認知症によるものか!なかなか見分けが難しく、実際に65歳以上の4人に1人が認知症であるといわれ、あとはその予備軍とされる。鳥取大学医学部の教授である浦上医師は予防ができるが、40歳以上から始めた方がいいと話すが、放っておくとゆっくり悪くなっていく。この放送ではダーツや数をかぞえながら太鼓をたたく方法や、座ったままでタップダンスを行うやり方がある。

 

ダーツで脳を育てる

ダウンロード (50)

 

 

 

 

 

同志社大学スポーツ健康科学部の竹田教授は、認知症予防の研究を行っているがダーツは引き算しながらのゲームなので、引き算をすることによって予防効果が期待できる。

■ダーツの認知症予防のポイント

1、引き算による得点計算法

脳が老化すると短期記憶能力が弱くなる、脳の老化を止めるのに役立つのが引き算、ダーツは楽しみながら引き算をして脳育ができる。竹田教授が短期記憶力テストを実施するとダーツをした人は徐々にテストの点が上がった。おすすめはウエルネスダーツ。ダーツ歴1年の方々の感想は物覚えがよくなっているなど。

2、コミュニケーション

コミュニケーションで脳を活性化し認知症の予防につながるとかんがえられる。

 

エクサドン(太鼓をたたいて脳を育てる)

5-2-680x510

 

 

 

 

 

 

新潟県佐渡島にある汐彩クリニックの森本芳典院長が考案した脳育法はエクサドン。エクサドンは太鼓を使ったもので、太鼓をたたくことは全身運動になる。エクサドンは輪になって行われ、太鼓を叩きながら頭をつかい、お題を覚え、体で再現することが脳の活性化につながるという。エクサドンは2014年よりスタート、週2回程度開催されている。img05

森本医師は認知症治療の現場で太鼓は意欲を出すのに使えると思い、また太鼓の音はこころを揺さぶると話す。この日のエクサドンは50~70代までが参加していて、その1人である梨田二美さんはエクサドンに参加し脳梗塞から回復したという。エクサドンには運動・太鼓のほかに佐渡のことばも入り、より身近に感じられて親近感も沸くのでしょう。

 

エクサドンで前頭葉が活発に!

ダウンロード (51)

 

 

 

 

 

汐彩クリニックの森本医師が考案した、太鼓による脳育法エクサドンを研究する新潟大学には、世界トップレベルの脳の研究施設がある。認知症を発症する要因を研究する池内健医師もエクサドンに注目している。

エクサドンは二重タスクを行っていて、脳の機能が衰えると二重タスクができなくなるが、エクサドンにより前頭葉の働きが活性化するという。森本医師によると自宅でも楽しめるし、参加者には自作の太鼓を作っている人もいる。エクサドンは太鼓を叩く全身運動、二重タスクで脳を活性化させる。ダウンロード (53)

同時に二つのことをするトレーニングは良く、脳神経外科の上山博康医師は五感の刺激が大切で、脳はご褒美を欲しがる臓器、漢方の丁宗鐵医師は太鼓の音は原始体験、脳を活性化する作用がある、中山久徳医師は協調運動、ストレスを発散させることが良い、南雲吉則医師は両手両足で別の動きをすることは脳の活性化につながるとコメントしている。

ダウンロード (52)

 

 

 

 

 

腰掛タップダンス

img07

 

 

 

 

 

関西医科大学の木村穣教授はこの座ったままどこでもできる?タップダンスが認知症の予防になると注目した。このダンスはあらゆる世代に大人気で特に女性に好評です。考案者は大阪市中央区の高級マンションに住む三洋電機の元会長の井植敏さん。井植さんは座って踊るダンスをヒントにこのダンスを考案し教える先生を厳選した。講師は元タカラジェンヌの鷹悠貴さん。経済界の重鎮が考案、元タカラジェンヌが指導するそのダンスのレッスンとは?

 

ポイント
運動で筋肉を使うと、ホルモンに似た物質が分泌され、この物質が脳の神経の修復や維持に役立つと言われる。
腰掛タップダンスは太ももの大きな筋肉やインナーマッスルを使うので、脳を活性化させる物質を効率良く分泌する事ができると考えられる。

腰掛タップダンスのやり方
STEP1

スタンプ
1.もも上げをするように片ヒザを上げて、足の裏全体を大地にスタンプするように落とす。
   2.左右の足、順番に繰り返す。
部分チェック ・背筋を伸ばしたまま行う。・腕は足と反対に、歩くように振る。

STEP2

ブラッシュ
1.右足を前に出し、かかとをつける(つまさきは上げる)。この時、手は胸の位置でパーにし、正面に向ける。
  2.上げたつま先を地面に軽く叩きつける。と同時にヒザを上げる。
  3.上げたヒザを落とす。と同時に手も下ろす。
  5.左右順番に繰り返す。

ポイント ・力を入れずに軽くステップを踏む。
ステップ1と2を音楽に合わせて繰り返すと良い。

 

テレビや新聞で大反響の腰掛タップダンス!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

firstlife-naviの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

firstlife-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

tabino5211

この人が書いた記事

  • 西野日本 後半のATで失点!乾・原口のゴールで2点先行も3点奪われ8強ならず!

  • W杯日本代表 ベルギー戦へ最終調整!

  • 西野日本 ベルギー倒して世界見返す!時間稼ぎは勝負師の片鱗をうかがわせる!

  • 西野監督 メンバー入れ替え「不本意な選択」だった。

関連記事

  • サッカー日本代表 西野監督 本田・岡崎・香川ら選出 ガーナ戦

  • 西野朗監督の初陣

  • 西野ジャパン ポーランド戦先発入れ替え 武藤・岡崎の2トップ!

  • クリスティアーノ・ロナウドのバイシクルシュートがナイキのロゴに?

  • 西野日本 後半のATで失点!乾・原口のゴールで2点先行も3点奪われ8強ならず!

  • W杯日本代表 ベルギー戦へ最終調整!