1. TOP
  2. メタファーとは? メタファーの意味とその使い方

メタファーとは? メタファーの意味とその使い方

2017/10/20 メタファー ビジネス
この記事は約 12 分で読めます。

そもそもメタファーとは何なのか?メタファーは日本語で「隠喩」ですが、ギリシャ語では「メタフォーラ」という。メタフォーラという語の本当の意味は「他のところへ連れ去る」、または「移し替える」という語感をもっている。ギリシャ語においてもそのまま「比喩」として捉えることができる。メタファーそのものは「比喩」として捉えるだけならば、そんなにややこしいことはないのだけれど「論理学」から入ってみたり「哲学」からや「象徴的」な視点で考えたりすることがあり、要点がバラバラになって余計に難しく感じることが多いのです。ここではこのやたらに視野が広くて捉えにくいメタファーを、少し物足りない感じは否めないところがあるかもしれないが私なりに分けてお伝えできればと思います。

 

日常生活でのメタファー

images (1)

 

 

 

 

 

メタファーは普段私たちが、なにげなく使っていることばではなく特別に改まった表現のこと、考えていたことや行動の問題であると普通に言われているが、日常生活のあらゆるところにメタファーは浸透している。また私たちの思考を支えている概念は知性的な活動だけに影響を与えているのではない。日常のことばに現われ、知覚するときも人間関係の持ち方にもこの概念によってそれぞれに構造を与えられている。したがって日常の生活での現実は、概念体系のほとんどがメタファーによって成り立っている。

 

ある概念がメタファーによって成り立っているのはどういうことなのか?ここでは「議論は戦争である」というメタファーを例にあげてみる。

 

「議論は戦争である」
●君の主張は守りようがない(=弁護の余地がない)

●彼は私の議論の弱点をことごとく攻撃した

●彼の批判は正しく的を射ていた

●私は彼との議論に一度も勝ったことがない

●異論があるだと!よし言ってみろよ

 

議論には現実に勝ち負けがあり、議論の相手は敵とみなされ、相手の議論の立脚点(=陣地)を攻撃し自分の立場を守る。優勢になったり劣勢になったりして、その情勢を把握し戦略を立てて実行に移す。実際の戦闘を想定して議論することにより、真剣な議論と緊張感が生まれ深みのある濃いものにすることに最大の利点が得られることになる。

 

メタファーで大切なことは、ただ単にことばづかいの問題ではなく、人間の『思考過程』によって成り立っているので、人間の概念体系そのものが構造を与えられ規定されている。人間の概念体系の中にメタファーがあるからこそ、ことばの表現としてメタファーが可能になるわけである。

 

見ることと体を動かすこと

images (9)

 

 

 

 

 

 

見ることと運動はそれぞれ独立して動いているのではなく、循環的で統合的な体系になっている。「つかむ」「離す」ことの対象に働きかける動きは、対象を決めて自分の体に近づけて手を動かし、ちょうどいい加減で手を動かす。その際に想像することは人それぞれに特徴的で記憶や計画になると同じような感覚で脳が活性化することを「シュミレーション」と呼ばれる。

ダウンロード (2)

 

もっと細かくすれば「色、形、匂い、味、音、感触」などを思い浮かべイメージしてさらに深く入っていくことが可能になる。

「身体性パラダイム」として見ることと体を動かすことのほか、いろいろな欲求と情動が入りこんで全体的にシュミレーションとして言葉が現われてくる。

 

脳は体から(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)多くの情報を受け、心と体は密接不可分でさらに情動は理性的判断を妨げるよりむしろ助ける役割を担っている。

シュミレーション➡実際に感じる感覚的な刺激やカラダの動きがないのに頭の中が活性化する現象で簡単にいえば想像のこと。

 

 

メタファー 村上春樹

images (11)

 

 

 

 

 

 

メタファーはことばのアヤとか修辞法(レトリック)と呼ばれることが多く、ことばの飾りと考えられてきたが、それだけではなく思考のカギとして捉える。

 

村上春樹の短編「中国行きのスロウ・ボード」ではちょつとしたミスからパニックに陥ってゆく女性を次のように描写している。

中国行きのスロウ・ボード
最初はほんの小さな手違いだったのだが、それが彼女の頭の中で少しづつ大きくなり、やがてとりかえしのつかない巨大な混乱へと姿を変えた。そのあいだじゅう彼女は一言も口をきかずに、その場にじっと立ちすくんでいた。彼女の姿は僕に、夜の海にゆっくりと沈んでいく船を思わせた。

その後、握りしめた指を1本ずつほどかないといけないくらい精神的に混乱してしまった彼女の立ち姿に、ゆっくりと、しかし確実に沈んでゆく船を「僕」は見た。

 

彼女はもちろん船ではないし、物理的な意味で沈んでもいない。これもメタファーで「夜の海にゆっくり沈んでゆく船」という「印象的な視覚イメージ目に見えない状態の変化」をわかりやすく描写している。

 

J-POPに見るメタファー

ダウンロード (11)

 

 

 

 

 

 

メタファーは文学だけでなく私たちに身近なJ-POPにも多くあります。

 

J-POP

1.この気持ち冷めてしまう前に……                                                          「Milk」aiko

2.翼はあるのに 飛べずにいるんだ ひとりになるのが 怖くて つらくて 「YELL」いきものがかり

3.周りを気にして踏み出せないのは 大人になったからか          「黄金魂」湘南乃風

4.知らぬ間に築いていた 自分らしさの檻の中で もがいているなら    「名もなき詩」Mr.Children

5.喧嘩もした傷の数すらも欠かせない ピースの一つ ジグゾーパズル    「春夏秋冬」ヒルクライム

6.悲しみは波のように 何度も繰り返すらしい               「風なぎ」スガシカオ

7.どこまでも続く道じゃない だったら他を選べばいいのに         「Addicted ToYou」宇多田ヒカル

 

1.は感情の高ぶりが熱で表せる例

2.と3.は「人生は旅」や「恋愛は旅」のメタファーで、目的地が着地点で望ましい変化は目的地に移動することに見立てること。人生とは時間の経過であり、時間の経過の本質は変化だから!人間の変化である人生を、人間の移動である旅に例えるのは自然です。

4.の「自分らしさの檻」は「檻」そのものが自由を妨げるもので、背景にあるのは「行動は移動」のメタファーで「自分らしさの檻」が自由に行動できない皮肉な状態を表している。images

5.の「ジグゾーパズル」は完全なメタファーで2人の思い出を振り返り「喧嘩したこともあったね」は普通の表現だが、ジグゾーパズルを持ち出すことによってパズルの映像的なイメージが浮かび上がる。さらには「1つのピース」も欠かせないという推論も入る。「喧嘩したこともあったね、でもそれは2人の思い出の大切なことだから!といった誰もが時々に感じることを「ジグゾーパズル」ということばで簡潔に表現している。メタファーは凝縮された強力な伝達手段なのだ。

6.では悲しみを波に喩えている。悲しみが忘れたころにまたやってきて、定期的にくりかえすことはよくありそうなこと。この表現には波のイメージと知識が利用されている。

7.の「どこまでも続く道じゃない」という表現は2人の関係がいつか終わらなければならない種類のものであることを示唆し、通常の道は続くがこの道は続かないというメタファーである。

 

日常のことばに見るメタファー

images (13)

 

 

 

 

 

メタファーは文学や歌詞など芸術的なものばかりでなく、日常のことばにも多くつかわれている。「議論は戦争」「時間は金銭」「恋愛は旅」など私たちが普段つかっていることばだ。

議論は戦争

a議論を戦わせる  b丁々発止のやりとり  c議論で相手を打ち負かす

aは議論が戦いに関連づけられて、bの丁々発止やりとりは剣劇の描写に使われる表現で白熱した互角の議論の意味を感じさせる。「つばぜり合い」なんかも同じような意味合いになるかもしれない。

時間は金銭

「タイム・イズ・マネー」「時は金なり」でよく知られる考え方でほかにもいろいろとつかわれている。

a時間を上手に使う b時間を費やす  c時間を節約する d時間を無駄遣いする

月給や時給など、時間で拘束され時間を切り売りし金銭に変える現代人にとって、両方とも関連はものすごく深い!とくに「投資する」「分配する」「節約する」はいつも思考の根底にある。

恋愛は旅

aほら、僕たちはこんなに長い道のりを歩いてきたんだよ

bこりゃ恋の高速道路だぜ!ベイビー!

aは2人の歩いてきた道のりを振り返り、その距離の遠さに感嘆している。これによって、2人の関係の長さ、築き上げてきた共有経験の多さ、達成したことの大きさに共感を求めている。

bの移動手段は自動車で、その経路は高速道路。高速道路を突っ走るスリルが振り返ることのない激しさと高揚感を表している。

 

シミリ 直喩

images (14)

 

 

 

 

 

 

文章を考えるときに、今起きているものごとを的確に頭の中でつかんでいるのだが、なかなかちょうどいい言葉が、見つからないことが多いが単語の数は有限であり、また私たちを取り巻く現実はいつも同じではなく変容しているのだから。

しかし、頭の中にある、ことばをつかって無限のものごとを表現するには、じゅうぶんにそろっていない大工道具で工作するのと同じように工夫しなければダメだ。工夫しなければ用が足りないのは言葉のもつ「宿命」かもしれない。このことを工夫するのが「ことばのアヤ」であり「シミリ」である。

たとえばフランスの思想家であるモンテーニュに、このようなことばがある!ダウンロード (12)

 

「法王ポニファキオ8世は、狐のように地位につき、獅子のようにその職務を行い、犬のように死んだという」                              (『エッセー』Ⅱ)

十三世紀から14世紀初頭にかけて西洋史をにぎわせた、この勇ましいローマ法王の生涯を2行ほどに要約するのが大変だから、このように簡潔に生き生きと伝えている。法王の全盛時代の勢いや世を去るところの姿が、なんとなくわかるから面白い。このようにものごとの様子を表現するために、「XはYのようだ」、「YそっくりのX」…..というような形式もシミリ(直喩)と呼ぶ。

 

メタファー 隠喩

images (15)

 

 

 

 

 

あるものごとの名称を、それと似ている別のものごとをあらわすために使う表現法を「隠喩」「メタファー」という。隠喩の構造として「藪をつついて蛇を出す」ということばがあるが、現代の高層ビルディングのなかは通路が入り込み、本物の蛇を見ることは時限爆弾に遭遇することよりめずらしいことかもしれないのは、藪もヘビもほんものを意味していないからだ。会社の会議で「そりゃ、ヤブヘビだよ、君…..」などとよく聞かれる発言はめずらしくない。

それと同じような事情を表現するのに、フランスに「眠っている猫を起こしてはいけない」という言い方がある。「藪のなかのヘビ」や「眠っている猫」が文字通りにそういう生き物を意味することとして使われる場合もあること、それと比較して言えばある種の事態や現象に対する{あだ名}と見なしていいいのではないか!

世界でも代表的なメタファーを例に出すと!

『ロミオとジュリエット』Ⅰ・2
行こうではないか、そしてとらわれぬ目で、 比べて見るがいいい、彼女の顔を、俺がおしえてやる別の娘の顔とな、 思い知らせてやろう、君の白鳥がただの烏だったと。

 

これは、強烈なメタファーだがロザラインという娘に片思いで惚れ込んでいるつもりのロミオに対して、友達がいうセリフである。彼はロミオを、キャピュレット家恒例の宴会に連れて行こうとしている。ご承知のとおり、ロミオはけっきょく出かけていき、その宴会で自分の一族の敵キャピュレット家の娘ジュリエットにめぐり逢うことになる。そして友人の予告通り、ロミオにとっていままで白鳥と見えていたロザラインの思慕は、たちまち消えてしまう。

シェイクスピアの数多くある「隠喩」のうちのひとつであるが、私たちは時代を超えて容易に「白鳥」と「烏」に比喩的な意味を理解するが「白鳥」を美しい清らかなイメージと「烏」の上品さに欠けた黒い鳥を思い描く習性が比喩としてハッキリとこの場面が頭の中に浮かび上がってくる。

 

メトニミー 換喩

images (16)

 

 

 

 

 

大きく分けて、隠喩が類似性による比喩であるのに対し「換喩」は、二つのものごとの隣接性に基づく比喩である。たとえば、女性の肌の白さに着目して、ある王女に「白雪」という名前をつけるとすればメタファー的な名前のつけ方だが、いつも赤いシャプロンをかぶっている女の子を「赤頭巾」というあだ名で呼ぶのは換喩型の名前の呼び方である。ダウンロード (15)

あだ名はことばのアヤとしての原始形態で、人間は深い関心を抱いている対象に対して、とりわけ本名よりあだ名を使いたがる、なんか不思議なことだ。心から愛している現象、心底から憎んでいる対象、気にかかる相手を呼ぶときなどふつうの表現よりも違った表現を使うこと多いのではないか!やがて周囲の人がその名で通用するあだ名が定着してしまねえば、それは本名並みの名称となり、ほとんどことばのアヤではなくなる。

けれど、アヤの仕組みを考える上では名づけられて間もないころの、あだ名は典型的な比喩の姿を示している場合が多くすごく興味をそそられる。

 

シネクドキ 提喩

ダウンロード (3)

 

 

 

 

 

 

提喩は、常識的に適当と思われるよりも必要以上に一般的な意味をもつことばを使い、また逆に期待よりも小さな意味をもつ言葉をもちいる表現である。言い換えれば、外延的に全体をあらわす類概念をもって種を表現し、あるいは、外延的に部分をあらわす種概念によって類全体を表現することばのアヤである。images (2)

これは、昔から『類による提喩』と『種による提喩』とよばれたもののことであり、それだけはメトニミーに還元されえないシネクドキの固有の表現形式である。

昔から提喩はいつも換喩とからみ合うかたちで、また換喩と抱き合わせでつかわれてきたことばのアヤである。

提喩の表現➡というよりも提喩的認識➡がどのように使われているかを分析するためには比較検討することがいいのでその例をあげてみる。

1.《類による提喩》━たとえば人間たちというかわりに「やがて死ぬべき者たち」というような場合であるが、「やがて死ぬべきもの」ということばは、やはり、私たちと同様にいずれ死ぬべき宿命をもつ動物たちを含んでいるはずだ。要するに、より小さい集合としての種をあらわすためにもっと大きな集合としての類の名をもちいる表現のこと。images (3)

2.《種による提喩》━本来の意味においてはある特殊なひとつの種をあらわしていることばが、類の意味につかわれる場合である。たとえば、性悪な人間のときには「盗人」呼ばわりすることがある。

3.《数の提喩》━複数のかわりに単数表現を、あるいは単数のかわりに複数表現をもちいたり、また、ある特定の明細な数の代わりに概数をつかったりするような場合。

4.《全体のかわりに部分を、また部分のかわりに全体を》をつかう提喩━たとえば、ときには「」によって人間の全体を意味する場合がある。「ひとり頭につきしかじかの額を払った」などは誰でも使う。

あるものの名称を借りて別のものの観念を思い浮かべさせるという、双方のものごとに着目してみると、換喩の場合は、名称を貸し出すがわの事物が、観念を引き出せられるがわの事物から独立して存在しており、決して両者が一体をなしているわけではない。たとえば「結果」と「原因」、「作者」と「作品」それと「びん」と「ワイン」のような『容器』と『内容』などの関係がそうだ。それに反して、提喩の場合の事物と事物の結びつきを見ると、それらのもの同士は『全体』と『部分』というぐあいに一体をなしていると思われ、両者の結合は外部的な関係ではない!

 

まとめ

メタファーについて、普段私たちがつかっている日常の言葉から文学やJ-POP、シミリ~シネクドキまでを紹介しましたが、ものすごく奥が深いので伝えきれないところがまだまだあります。その意味合いを考慮して突き詰めれば「物事の要点をつかむかカギ」としてメタファーは十分に役に立つはずです。

 

 

 

ライター紹介

tabino5211

この人が書いた記事

  • 2018ローソンとゴディバの共同開発商品は「ショコラパフェ」と「ショコラマカロン」

  • スタバ母の日ギフト2018!プレゼントおすすめ10選

  • お腹痩せのポイントは運動<食事!今、見直すべき「食事習慣」簡単ダイエット

  • スタバ新作 「ストロベリーマッチフラペチーノ」 代官山でイチゴ農園をイメージしたお店がオープン!

関連記事

  • 食物繊維 ごぼうがコクだし調味料に早変わり ためしてガッテン

  • ゴディバ セブンイレブンがコラボ!12月12日から期間限定で「ダークチョコガナッシュ」と「ミルクチョコプラリネ」を発売!

  • スターバックスコーヒー【スタバ新作】夏に向けてコールドブリューコーヒー3種発売!

  • スターバックス 「フラペチーノ」新作 春らしく【SAKURA】で発売! 

  • スターバックス 10月の新作!アーモンド ミルク & グラノラ フラペチーノ

  • 成城石井 おすすめ これだけは食べておこうデザート10選