1. TOP
  2. ガーナ戦 ロシアW杯開幕前の壮行試合0-2で負け!

ガーナ戦 ロシアW杯開幕前の壮行試合0-2で負け!

2018/05/31 W杯ロシア大会 サッカー日本代表
この記事は約 3 分で読めます。

キリンチャレンジカップは30日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の壮行試合として日産スタジアムで行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング60位の日本は50位のガーナに0―2で完敗した。W杯前の国内最後の試合を白星で飾れなかった。

 4月に就任した西野朗監督の初陣で、選手にとってはW杯代表選考に向けて最後のアピールとなる試合。本田(パチューカ)、長谷部(アイントラハト・フランクフルト)らが先発に名を連ねたが、前半早々にFKから先制点を許した。後半は香川(ドルトムント)、岡崎(レスター)らを投入したが、PKで追加点を奪われるなど、W杯へ不安を残す内容となった。

 W杯代表23人は31日午後4時に東京都内で発表される。6月2日に直前合宿地のオーストリア・インスブルックへ出発。6月8日(日本時間9日)にスイス、12日にパラグアイと強化試合を行った後、ロシア入りする。W杯1次リーグでは6月19日にコロンビア、24日(同25日)にセネガル、28日にポーランドと対戦する。

新布陣での3バック長谷部誠

日本代表の主将でMF長谷部誠は「勝ちたかった」と結果にはネガティブな姿勢を保ちながらも、ガーナ戦を前向きに振り返っている。

日本は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナと対戦。0-2とメンバー発表前最後の一戦を落としている。それでも長谷部は「良かったところもたくさんあったと思う。逆に新しいことをした中でもっとこうしないといけないというところもたくさん出てきた。そんなに悪い感覚は正直持っていないですね」と話した。

「悪い感覚」を持っていなかった理由として失点の仕方を挙げる。2失点ともセットプレーによるもので、それもミスから招いたと長谷部は主張する。

香川は新布陣に手ごたえを感じている!

 

久々に45分間プレーした香川。手応えを語っている。「見いだせるものはたくさんあった」後半から出場を果たしたMF香川真司は前向きに語る。香川自身、公式戦で45分間もの出場を果たすのは2月以来となり、「前を向くしかないし、この状況でコンディションがどうこう言っていられない」と話す。
後半から入った香川は「ボランチの両脇だったり、バイタルエリアでボールを受けるように。自由に動いていい」との指示を受けて出場。香川にもシュートチャンスが訪れる中で「決めきらなければいけなかった」と反省する一方で手応えも感じている。

 

日本ガーナサバイバルマッチ!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

firstlife-naviの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

firstlife-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

tabino5211

この人が書いた記事

  • 日本セネガル戦 乾・本田のゴールで2-2の引き分け。決勝トーナメンへは最終戦へ!

  • 日本代表 セネガル戦へ向けて冒頭以外を非公開で調整!

  • W杯日本代表 次戦のセネガル シセ監督が日本分析「スペインに近い」!

  • 西野ジャパン 次戦「セネガル」がもっとも手強い!

関連記事

  • 西野朗監督の初陣

  • 西野ジャパン ロシアのキャンプ地カザン入り!

  • イニエスタ入団会見!三木谷会長とともにユニフォームを披露!

  • サッカーファンは食べるべき?!日本代表専属シェフ監修のカップ麺

  • 西野朗日本 パラグアイ戦初勝利 香川3点演出!4-2

  • サッカー日本代表メンバー発表!西野監督実績重視 ノーサプライズ