1. TOP
  2. 西野監督らしい「選手本位の起用法」でチームを仕上げる!

西野監督らしい「選手本位の起用法」でチームを仕上げる!

2018/05/24 W杯ロシア大会 サッカー日本代表
この記事は約 3 分で読めます。

千葉県内で合宿中のサッカー日本代表は23日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の壮行試合となるガーナ戦(30日・日産スタジアム)に向け、約1時間半練習した。この日は新たに槙野、遠藤、東口、井手口の4選手が合流した。右足を痛めてホテルで調整していた乾は初めてグラウンドに姿を見せたが、岡崎とともに別メニューでの調整。この合宿では、選手のコンディションをつかむことに時間を割いている西田監督。GKの東口を除く新たに加わった3選手は短い距離のダッシュを繰り返し、状態をチェック。「脈拍を取り、コンディションを確認した」と遠藤はいう。

故障明けや長期間試合に出ていない選手もいるだけに、西野監督はW杯で最高のコンディションになるであろう選手を予測し、どういうチーム作りができるのか、想像力も働かせながら選手を見ていかないといけない」と語る。

前回の2014年ブラジル大会では、苦い経験をして、選手個々のコンディションに差があったにもかかわらず、国内合宿は午前と午後の2部練習とし、負荷のかかるトレーニングも実施してピークを合わせることに課題を残している。ハリルホジッチ前監督より「アプローチは完全に変わった」と変化を口にした吉田。準備期間が短い中、「西野流」でチームを仕上げていく。

 

サッカー日本代表合宿 右足負傷の乾貴士(エイバル)が合流

千葉県内で行われているサッカー日本代表の合宿に23日、MF乾貴士(エイバル)が合流した。右太ももの筋肉を痛めて、これまでは宿舎でリハビリをしていた。ワールドカップロシア大会の日本代表メンバーは31日に発表される。

合宿中の主役は本田・槙野

この日から合流したDF槙野智章(31)は「年齢的にも上になってきましたし、スタッフもよく知っている人たちが入ってきたので、下の世代と上の世代とに自分がいい形で入って、いい雰囲気をつくれたらいいかなとは思います」と話した。

毎回の代表合宿で海外組の選手と交流し、自身の成長にもつなげているといい「年下の海外で頑張っている選手からいろんな話を聞いて刺激を受けることもあるし、年上の選手から話を聞くこともある。そういう自分の環境作りの成果はあったかなと思います」と胸を張った。

また、代表でのFW本田圭佑の存在感についても明かし「食事会場でも、笑い声だったり話し声は間違いなく彼が1番だと思いますし、自然と中心にいる。そこにひっついて僕もわちゃわちゃしてますけどね。(補佐役?)そうですね。だと思います」と笑わせていた。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

firstlife-naviの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

firstlife-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

tabino5211

この人が書いた記事

  • 日本セネガル戦 乾・本田のゴールで2-2の引き分け。決勝トーナメンへは最終戦へ!

  • 日本代表 セネガル戦へ向けて冒頭以外を非公開で調整!

  • W杯日本代表 次戦のセネガル シセ監督が日本分析「スペインに近い」!

  • 西野ジャパン 次戦「セネガル」がもっとも手強い!

関連記事

  • サッカー日本代表メンバー発表!西野監督実績重視 ノーサプライズ

  • 【グローバルワーク】がワールドカップロシア大会に向けて【サッカージャンキー】とコラボ!

  • 西野監督も登場!ダンヒルが「サムライブルー 2018」のオフィシャルモデルのイベントを開催!

  • W杯日本代表 次戦のセネガル シセ監督が日本分析「スペインに近い」!

  • 日本代表 セネガル戦へ向けて冒頭以外を非公開で調整!

  • サッカー日本代表 千葉県内でガーナ戦へ向け国内合宿スタート!