1. TOP
  2. 日本代表 ベースキャンプ地カザンで初練習!

日本代表 ベースキャンプ地カザンで初練習!

2018/06/15 W杯ロシア大会 サッカー日本代表
この記事は約 3 分で読めます。

W杯に6大会連続6回目の出場となる日本代表は14日、ベースキャンプ地となるカザンで初の練習を行った。練習時の気温は19度と事前合宿地のオーストリアでの好天時より6度ほど低く、涼しい中でランニングなどを中心にコンディションを調整した。4-2で勝った12日のパラグアイ戦に先発した岡崎(レスター)は両ふくらはぎ、昌子(鹿島)は右太ももの張りのため別メニューで行った。

練習前には国際サッカー連盟(FIFA)の担当者が訪れてミーティングが行われ、選手、スタッフらに対して、今大会から採用されるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)などルール改正を中心に説明があった。

日本は19日午後3時(日本時間午後9時)からサランスクでコロンビアとの初戦を迎える。8日のスイス戦とパラグアイ戦の2試合で23選手全員が出場して「控え組」だった選手も奮闘し、先発争いも一気に激しさを増してきた。パラグアイ戦で先発した遠藤(浦和)は「ある程度、控え組のメンバーで示せたのは大きいと思う。本大会で選手層を厚くさせるために、ここからもしっかり準備したい」。いよいよ本番に向けたラストスパートに入った。

 

西野監督 コロンビア戦を前に熱く語る!

西野監督がコロンビア戦を前に熱のこもった口調で語る。気温14度の肌寒いカザンでスタートを切り、前日は国際サッカー連盟(FIFA)の公式インタビューを受け、第一声は「やはり気候が少し涼しい」だった。だが、練習前の円陣は約5分選手に話し込んだ。12日のパラグアイ戦で就任後3試合目で初勝利を挙げ、寒さとは正反対にモチベーションは熱い。

「前回のブラジル大会の1次リーグ3戦目がコロンビア戦。その敗戦もありますし、そのとき戦った選手たちの何名かは今回も参加しています。日本代表として、ブラジル大会のときの思いをしっかりぶつけたいと思います」と話す。

世界一を目標に掲げて臨んだ前回大会。壮大な夢はコロンビア代表MFロドリゲスらに打ち砕かれた。1-4の大敗。自信も、誇りも根こそぎ奪われた。本田が天を仰ぎ、長友が号泣した。あれから4年-。汚名返上の舞台へと戻ってきた。低空飛行だった西野ジャパンも上向きの兆しを見せている。

パラグアイ戦では前半に決定機を外した乾に「スパイクに何か入っているじゃないか」と西野流のジョークさく裂。乾の気持ちを軽くし、後半の2得点につなげた。DF槙野が「前任者(ハリル前監督)にはなかったこと」と言えば、DF昌子も「いやあ、すごいっすよね。西野監督の下、結果を残す。日本の新たな歴史を作る」と息巻く。

 西野監督は言う。「初戦で戦うコロンビアをしっかり分析して、自分たちが戦える準備をすること。また勝つために今までオープンにできなかった部分もある」と明かした。事前キャンプ地のオーストリアで取り組まなかったトリックプレーなどにも本格的に取り組む。タタール語で「大鍋」を意味するカザンの地で「アキラ・スペシャル」を調理、4年前の雪辱を果たす準備を完成させる。

 

W杯ロシアカザン パブリックビューイング開催

 

\ SNSでシェアしよう! /

firstlife-naviの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

firstlife-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

tabino5211

この人が書いた記事

  • 日本セネガル戦 乾・本田のゴールで2-2の引き分け。決勝トーナメンへは最終戦へ!

  • 日本代表 セネガル戦へ向けて冒頭以外を非公開で調整!

  • W杯日本代表 次戦のセネガル シセ監督が日本分析「スペインに近い」!

  • 西野ジャパン 次戦「セネガル」がもっとも手強い!

関連記事

  • W杯ロシア コロンビア戦 鹿島コンビ柴崎岳・昌子源先発濃厚!

  • 西野監督も登場!ダンヒルが「サムライブルー 2018」のオフィシャルモデルのイベントを開催!

  • 西野J初の非公開練習!本田圭佑、生き残りをかけて猛烈にアピール!

  • 日本代表スイスに完封負け【2-0】西野ジャパンに課題は多い!

  • サッカーロシア大会 日本代表合宿 ゼーフェルトでの練習はエンジン全開!

  • サッカーファンは食べるべき?!日本代表専属シェフ監修のカップ麺